30歳代女性の医療保険はp免と先進医療に注目して保険料の節約を!

節約

30歳代の女性が一番心配しなければいけないことは、妊娠・出産とがんに備える保障です。最初に選択した方がいいのは医療保険です。がんに対する保障は、①医療保険に付加するがん特約か②単独にがん保険に加入して備えるか?保険料を節約できるのはどちらのタイプか検証します。

30歳代女性が生命保険を見直すことで家計の節約に役立てるには、どこを?どう?見直したらよいか?ファイナンシャルプランナーが見直しのポイントを提案いたします。

[surfing_su_box_ex title=”コロナ感染症が怖い!でも、保険相談を受けたいときは…。” box_color=”#f466f0″]コロナ感染症が怖いなかで保険も見直したい。 会って、長時間面談するのは避けたい! あなたの希望がかなえられました。 自宅からでもプロにONLINE相談できる! スマホでもONLINE保険相談ができる! 【保険ONLINE】ならカメラとマイクがあれば”どこでも””いつでも”保険相談ができます。相談は何回でも無料の【保険ONLINE】がいちおしです。 しかも、今なら<期間限定:和牛プレゼント中!>
公式ホームページはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓
自宅でONLINE保険相談!和牛プレゼント中!
保険ONLINE [/surfing_su_box_ex]

30歳代女性が注目するポイントは先進医療特約

30歳代女性が医療保険に加入した方が良いのは理解した。次に何を決めるか?

入院日額です。

入院日額が8000円以上必要と決まった人は、次の選択肢は、A社とB社の2社に加入するか?A社だけに加入するかです。先進医療医療特約はA社の医療保険と同じA社のガン保険に加入していても両方の契約から重複してはもらえません。A社とB社の医療保険に加入していれば、それぞれの会社から貰えます。

先進医療特約は、かかった費用分だけ(技術料)しか支払ってもらえませんでした。今は先進医療特約に伴う宿泊費や一時金が支給されます。本来は保険会社から病院へ支払うべき技術料(給付金)ですが、A社の給付金は病院の支払いに宛てます。B社からもらった給付金は、入院・手術以外に経費がかかりますからそれらに充当します。

あなたはA社単独にしますか?A社とB社の2社の医療保険に加入しますか?

 

医療保険にもp免特約付けられる会社もある

P免特約とは保険料払込免除特約のことです。内容は、「三大疾病で所定の状態になったら、以降の保険料は不要になります。その後も保障は途切れずに継続します」といいことづくめです。ただし、保険料は15%位高くなります。加入時点しか付けられない特約ですが、途中でP免特約だけ解約することはできます。

私がおすすめするのは、2社に加入しても最後まで続ける保険会社の医療保険にはP免特約が付けられる方が良いと思います。30代女性には、まだ先の話ですが、ある程度お金が貯えられたら医療保険も一部解約して家計の節約をしましょう。高額療養費制度などを考慮すると医療保険に過大に加入する必要もありません。

 

払込期間は60歳、65歳払込満了が良い

次に、保険期間は終身(亡くなるまで)ですが、払込期間はいつまでにするほうが良いでしょう?

これからは年金も少なくなる傾向ですから、生命保険の保険料は働いている期間までに払い込みが終了していると安心です。かと言って、60歳(65歳)払込満了(以後;短期払い)で問題が無いかというとウソになります。

生命保険会社は5年毎に新しい医療保険を発売します。その新しい保険には誰でも欲しい特約が付いています。新しい保険には最新の医療が保障されるようになっています。だから誰でも欲しい特約は新規に医療保険に加入しないと付けられません。とうぜん、あなたが今加入中の医療保険に「誰でも欲しい特約」は後追いで付けられません(途中付加できない)。・

どうしますか?選択肢は2つ。

  • 今の医療保険を解約して新しい医療保険に加入しますか?
  • 我慢して現在の医療保険をつづけますか?

医療保険はほとんどの生命保険会社が掛け捨て保険です。解約した場合に解約返戻金はありません。

私の解決策は少し先に書いてあります。我慢して、もう少し読んでください。

 

30歳で加入して40歳で新規に加入し直す!損得⁉

30歳で加入して40歳で新規に加入し直す場合に、考慮する必要があるのは短期払いと終身払の支払保険料の差です。

A社の最小プランで比較します。
入院日額5000円コースです。

終身払の30歳女性月払い保険料は1,632円です。
40歳までの保険料は合計で1,632×12か月×10年=195,840円です。

60歳払込満了の30歳女性月払い保険料は2,452円です。
40歳までの保険料は合計で2,452×12か月×10年=294,240円です。

差額は98,400円です。約10万円も違います。10万円節約できれば、大きいですよね。

 

メインは短期払い、サブは全期払

私の結論は、メインの医療保険は65歳(60歳)払込満了タイプ、サブの医療保険は全期払を選択します。あなたはどう思いますか?

理由は、サブの医療保険は途中で切り替える。または貯金がある程度(100万円~200万円)貯まったら、解約してメインの医療保険だけ残して家計の節約を計ります。どんなに保険料を払い続けても「入院・手術」をしなければ、家計の節約にはなりません。ただ、あなたの安心感は得られるだけです。

高額療養費制度や会社員・公務員なら傷病手当金なども併せて検討しましょう。具体的に検討すれば「過大に保険に加入している」ことが理解できます。

自分で考えても時間ばかりが経過して結論が出ない場合は「FPに無料相談」してみてはいかがでしょうか?その際気を付けていただきたいのは「気の合うFPに無料相談」をするのが大事です。

[surfing_su_box_ex title=”コロナ感染症が怖い!オンラインで相談したい人には…。” box_color=”#f466f0″]自宅からでもプロにONLINE相談できる!
スマホでもONLINE保険相談ができる!

【保険ONLINE】ならカメラとマイクがあれば”どこでも””いつでも”保険相談ができます。相談は何回でも無料です。オンライン相談なら【保険ONLINE】がいちおしです。
しかも、今なら<期間限定:和牛プレゼント中!>

公式ホームページはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓
自宅でONLINE保険相談!和牛プレゼント中!

保険ONLINE[/surfing_su_box_ex]

30代女性は医療保険、がん保険から検討!

30代女性には最初に医療保険、次にガン保険から加入をお勧めします。

具体的な根拠はあるのでしょうか?

医療保険を第一にお勧めする理由は妊娠・出産のリスク

まずは医療保険・がん保険に加入しましょう。死亡のリスクよりも妊娠、出産そして女性特有のがんに対する備えが重要です。

女性は妊娠、出産に伴う入院・手術のリスクが高いことはご理解いただけると思います。特に最近は女性の社会進出が進み、結婚・出産年齢が高齢化しています。どうしても高齢になると妊娠も難しくなり、不妊治療を受けている方も少なくありません。

不妊治療の結果、妊娠しても出産までの長い道のりは越えなければならない問題が多くあります。高齢出産は妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や妊娠糖尿病を発症して帝王切開になる場合もあります。同様に難産や流産になる可能性も高まり帝王切開も考えられます。

妊娠、出産に伴う入院は病気ではありませんので、入院しても医療保険から入院給付金が支払はれることはありません。ただし、妊娠中の異常による入院については、入院給付金が支払われます

最近は女性の社会進出が進み高齢出産が多くなりました。高齢出産では「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」や「妊娠糖尿病」、「難産」「帝王切開」など医療保険の出番も増加します。30代女性に医療保険をお勧めする理由の第一です。

 

女性特有の乳がんには25歳から準備しましょう

下記の図をご覧ください。

がん保険

図から分かるように、乳がんは25歳から34歳の年齢で罹患する人がグッと増加します。最近の話題では、フリーアナウンサーの小林麻央さんが31歳で発病されました。治療法などは多くの週刊誌で報道されていましたからご存知の方も多いでしょう。乳がんは発病しても手術などで治り、5年後生存率は90%を超えています。がんの中では治しやすい部類に属します。あなたの周りにもがんにり患し、治った方がたくさんいます。

乳がんでも抗がん剤治療、手術、放射線治療などを必要としています。乳がんがなおるからといって決して少額の治療費で済ませられません。どのくらい治療費がかかるのか?先が見えない時ほどお金の心配をするものです。そんな時に支えてくれるのが、医療保険、ガン保険などですが、家計の節約・保険料の節約には高額療養費も考慮に入れて生命保険加入額を決めたいものです。

 

医療保険とガン保険 どっちが得?

医療保険とガン保険でどんな違いがあるか検証します。

医療保険、ガン保険の基本的は、入院日額〇〇〇〇円です。手術給付金は日額の5倍、10倍、20倍とか、一律日額の20倍、ただし外来手術は5倍などです。各生命保険会社で特徴をつけているのが特約です。

 

医療保険の給付金の種類は…

基本的には入院給付金と手術給付金です。
通院特約を付加する場合もあります。

特約でがんに対する保障、たとえばがんの入院・通院は無制限で保障とか、がん診断給付金(一時金)も貰えます。女性に特有の病気などを上乗せ保障することもできます。乳房再建術などは注目すべきです。

 

ガン保険の給付金の種類は…

日数制限のない入院給付金、手術給付金、そして診断給付金が基本になります。

特約はそれぞれの生命保険会社で競って新しい保障を考えて発売しています。がんに対する治療法は、主に手術(外科療法)、抗がん剤治療、放射線治療です。がんはステージによって治療方法も異なります。医療機関によっても、選択できる治療法が異なります。

先進医療が受けられるか否か?などからもわかります。医療技術は日進月歩で新しい方法が考えられます。ガン保険も新しい医療方法をガン保険で賄えるように、新しい特約を考えて発売しています。

ガン保険の注目点は一時金払い、またはの断金の支払が1回か複数回支払いがあるかです。

がんは再発があります。最初のがん入院で500万円もらっても、3年後に再発入院した場合は給付金が貰えないプランと、2年置きに100万円がん診断金がもらえるプラン、どっちが良いの?あなたならどちらを選びますか?

 

ガン保険には90日間の待期期間に注意!

後から新種のガン保険が発売されるかも?と躊躇しないで、加入されることが良いと思います。

ガン保険に特徴的なのは「申込み=保障が開始」ではないことです。

普通の生命保険は申し込めば即日・保障が開始され安心です。他方ガン保険は保障開始まで「90日間の待機期間」があります。つまり、ガンに関する保障の開始は保障の開始日から90日を経過した91日目からになります。

クレジットカード決済などで異なる保険会社がありますから、加入する時に「何月何日以降にがんと診断」されたら保障されるか?必ず聞いて書き留めて置いて下さい。新人のセールスには間違って覚えている人も多くいます。クレジットカード決済は難しいです(本音)。

 

実際に経験したこと

少し長くなりますが、不要な人は次に飛ばして
「健康診断で異常とは言えないが、経過観察が必要」
と言われたら、あなたはもう「健康」とは生命保険会社は認定しません。

これから健康診断に行くので、
「心配だから生命保険に加入します」
といわれた経験があります。

「なにか自覚症状はありますか?治療はしていませんよね」
と確認してから、医療保険に加入してもらいました。

後から聞いたら健康に不安があったといっていました。健康診断の結果は異常がなく、保険やめようかな?と冗談を言われました。ガン保険は申込しても「91日目にならないと保障が始まらない」ことを説明して続けていただきました。

生命保険は細かい約束事がたくさんあって、しかも専門用語ばかりなので信頼のおける人に説明を受けて、生命保険・医療保険・ガン保険の設計(見直し)をしてもらえば、2重に保障を付けたり、保障が不足することも避けられます。

 

30代女性の医療保険加入の平均入院日額は8.3千円

平成27年度生命保険に関する全国実態調査〈速報版〉
公益財団法人 生命保険文化センター ホームページアドレス http://www.jili.or.jp/
から、引用させていただきますと「妻の疾病入院給付金日額(全生保)」の平均は、8.3千円となっています。

 

<引用開始>
妻の疾病入院給付金
妻の疾病入院給付金日額(全生保)の平均は、8.3千円(前回8.5千円)となっている。
これを機関別にみると、民保7.5千円(前回7.7千円)、JA6.8千円(前回6.9千円)、県民共済・
生協等5.3千円(前回5.2千円)、簡保5.2千円(前回5.3千円)となっている。(図表Ⅰ-18 )
妻の入院費

<引用終わり>

独身女性については記載がありませんが、妻の平均が8,300円ですから、これを基準としてご自分が会社・公務員の健保組合か国民健康保険のどちらに加入しているかで判断しましょう。

入院に係る費用は「医療機関に支払う自己負担額」に目が生きがちですが、この分は高額療養費制度を使うことで10万円程度で納められます。他方、差額ベット代や見舞いの家族の交通費・食費やその他の諸雑費(お見舞いのお返し)を考えると入院費の自己負担額をはるかに上回ります。

お子さまが小学生やそれ以下の場合は近くに親族の方がいる場合でもお礼には相当の金額が予想されます。ベビーシッターなど他人の手を借りるとなると、とても高額の費用が生じます。主婦が病気・入院をした場合には収入が減ることよりも、余分にかかる費用を多めに見積もっておいたほうが安心です。

 

蛇足ですが、私の育児は3倍費用が掛かった

自分の妻(専業主婦)が3人目の子供を出産した時に、上の子ども2人が幼稚園児でしたので、妻が自宅で療養することになりました。それで私が3度の食事を作ることになりました。現在の「中食など便利なもの」はありませんから全部手作りしました。極力安く食材を選んだつもりでしたが、1か月の食費は家内が作っていた時の3倍にもなりました。男が食事を作るとこんなにも多くかかるのだと思いました。もちろん家内の努力には感謝しかありませんでした。

あなたが入院・手術をした場合には、家族の援助が期待できますか?夫の育児休業制度は充実していますか?実際にお休みは取れますか?転ばぬ先に、良く検討しておきましょう。いざ転んでしまった時には、慌てずに落ち着いて対処できます。また、前もって予想して準備しておくと「意外と起こらない」ことが多いですよ。

 

30代女性のがん保険加入の平均日額は10.2千円

平成27年度生命保険に関する全国実態調査〈速報版〉
公益財団法人 生命保険文化センター ホームページアドレス http://www.jili.or.jp/
から、引用させていただきますとガン保険・ガン特約の加入率、入院給付金日額は以下のようになります。

 

<引用開始>
ガン保険・ガン特約の加入率、入院給付金日額
民保加入世帯(かんぽ生命を除く)におけるガン保険・ガン特約の世帯加入率は60.7%(前回
62.3%)となっている。
世帯員別にみると、世帯主は53.4%(前回54.5%)、配偶者は40.2%(前回41.5%)と前回と同
水準となっている。(図表Ⅰ-38 )

ガン保険・ガン特約の加入率

世帯主のガン保険・ガン特約の入院給付金日額の平均額は12.0千円(前回12.4千円)、配偶者は10.2千円(前回10.2千円)となっている。分布をみると、「1万〜1万5千円未満」の割合が世帯主、配偶者ともに最も多く、世帯主で40.9%(前回39.6%)、配偶者で40.9%(前回41.7%)となっている。(図表Ⅰ-39)

ガン保険・ガン特約の入院給付金日額の平均額
<引用終わり>

ガン保険・ガン特約の加入率は40.2%です。2人に1人がガンにり患するという時代、加入率は少し低いと思いませんか?がんは治る時代です。後期高齢者になるまでは医療費の自己負担額が多いです。それまでは入院日額1万円位が平均だと思います。医療保険にがん特約をプラスして保障の充実を図るのが保険料を節約できます。

 

入院時の自己負担額は?

30代女性が入院・手術をした場合の自己負担額は3割です。長期入院した場合には自己負担額が高額になることがあり、その場合は高額療養費制度を利用して「80,100円+(医療費ー267,000)×1%」(月額)に押さえられています。

その他の入院した時の費用は「入院の食事代等の一部負担」「差額ベット代」「公的医療保険対象外の特殊な治療費(先進医療費の自己負担分)」「その他の雑費(交通費や入院にさいした日用品代、快気祝い等)」などが挙げられます。医療機関に支払う金額と比較して決して少なくないので、保障の中で解決できるように設計しましょう。

 

通院特約の加入率

通院特約については軽く考えられていますが、医療保険とがん保険では大きく異なりますので検証します。

平成27年度生命保険に関する全国実態調査〈速報版〉
公益財団法人 生命保険文化センター ホームページアドレス http://www.jili.or.jp/
から引用させていただきます。

<引用開始>
民保加入世帯(かんぽ生命を除く)における通院特約の世帯加入率は40.6%(前回43.8%)と
前回に比べ3.2ポイント減少している。
世帯員別にみると、世帯主は35.1%(前回36.9%)であり、配偶者は26.3%(前回29.2%)と
前回に比べ2.9ポイント減少している。(図表Ⅰ-45 )

通院特約
<引用終わり>

なぜ通院特約にこだわらなければいけないのか?それはがんの治療が「入院治療から通院治療」に変わってきたからです。乳がん治療でも「抗がん剤治療」でがんを小さくしてから手術をし、その後に「通院治療で放射線治療」などと通院主体の治療方法にかわってきました。

医療保険の通院特約は「災害・疾病入院給付金の支払事由に該当する入院をし、退院後120日以内にその治療を目的として通院した時、通院日数分の給付金が受け取れるのは「1入院30日分が限度」となっています。

乳がん治療では、入院手術前に「抗がん剤を通院で治療」します。この通院は医療保険では給付の対象になりません。古いタイプのがん保険でも給付の対象になりません。これでは困りますね。

同様に医療保険では、通院日数が受け取れる限度は「1入院30日分が限度」です。これも不満ですよね。がんの治療では無制限が安心です。

私がお勧めするプランは、がん保険または医療保険のがん通院特約は日数が無制限で保障し、入院前の通院にも給付金が受け取れる会社を選びます。全部の保険会社が「入院前のがん通院給付金が受け取れる」わけではありません。細かいことですが、保険料が高い?安い?で決めずに、給付内容について2~3社のプランは比較検討したほうが良いと思います。

最後まで読んでも良く分からない!保険の話は正確に伝えたいと思うと難しくなります。あなたの目の前に資料を提示して説明しないと伝わらないでしょうね?保険は形が決まっていないから、どうにでも設計することができます。だから「ごまかされた」という人がいるのです。

こんな思いはあなたにはして貰いたくない。信用できる人に相談してください。まずは、オンラインで相談してみませんか?

[surfing_su_box_ex title=”コロナ感染症が怖い!オンラインで相談したい人には…。” box_color=”#f466f0″]自宅からでもプロにONLINE相談できる!
スマホでもONLINE保険相談ができる!

【保険ONLINE】ならカメラとマイクがあれば”どこでも””いつでも”保険相談ができます。相談は何回でも無料です。オンライン相談なら【保険ONLINE】がいちおしです。
しかも、今なら<期間限定:和牛プレゼント中!>
公式ホームページはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓
自宅でONLINE保険相談!和牛プレゼント中!

保険ONLINE[/surfing_su_box_ex]

 

まとめ

30歳代女性の医療保険・がん保険について、日頃気になっている点を書いてきました。最後にまとめておきましたので、あなたの医療保険・がん保険にお役立ていただければ幸いです。

 

保障期間

10年(更新できる)満了タイプ、60歳満了タイプと終身タイプの3タイプがありますが、メインの医療・がん保険は終身タイプにしましょう。サブの医療保険は10年満了タイプでも良い。なぜなら、10年後には新しく発売される医療保険に解約・新規加入するからです。あなたが45歳位になれば貯金などの貯えもあるから、サブの医療保険は解約して保険料を節約しましょう。万一入院したら、貯金から支払うようにします。

 

保険料払込期間

あなたが保険料を払える期間でよいのですが、定年退職時までに払い込みが終了している方が気楽です。年金額が少なくなってゆくことを考えたら、毎月の3,000円でも負担感があると思います。
あなたが平均余命まで「終身払で医療保険を支払った場合」と「60歳払込満了で支払った場合」を比較すると、ほとんど差が有りませんでした。あなたが長生きする分だけ保険料が安く節約できます。保険料を支払う心配もなく安心です

 

保険料払込免除特約(P免特約)

三大疾病が原因で一定条件になると、以後の保険料の払い込みが免除されます。保障はそのままで継続されます。保険料が15%位割高になります。個人事業主・自営業の人には必ず付加するようにお勧めいたします。

 

先進医療医療特約

現在の先進医療が健康保険適用になり不要な特約に思われるかもしれません。健保組合、国保を含めて運営が厳しくなる経済状態で「高額医療の先進医療」は無くならないでしょう。P免特約は月額約100円です。中途解約も出来ますから付加しておいてください。中途付加は出来ませんので覚えておいてください。

がんの保障は「責任開始日から90日経過後でないと保障は開始されません」ことを考えておいてください。

最後に私があなたに「このプランが最適ですよ」と提案するができれば良いのですが、何度かお会いしてご要望を聞かせて頂いて、プランを組みあわせて最適になるよう調整します。2~3回はお会いしてお話しないと、後から誤解が生じていた?なんてことも起きます。できればベテランのFPに依頼して設計して貰うことをお勧めいたします。

1社専属のセールスだと他社の保険は説明できません。「募集取締法」に抵触しますから、複数社の保険が売れる募集人(セ-ルス・FP)に依頼するのが賢明だと思います。

 

ご質問のある方

このブログに関してのご質問などがある方は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。


    よろしくお願いします。

    タイトルとURLをコピーしました