草津温泉の紅葉は草津白根山から始まり、10月中旬が見頃です。

紅葉の草津温泉 季節の話題

2018年は火山の噴火を警戒して草津白根山への道路が封鎖されていました。

草津白根山のナナカマドの紅葉は10月初旬には始まります。志賀草津高原ルートを車で走れば、秋の空の青さとナナカマドの赤が映えて見事です。横手山山頂からの眺望は富士山も見えて言葉では言い尽くせません。道路封鎖が解除になったら、志賀草津高原ルートは行かれたら、きっとご満足いただけると思います。

今回は温泉と紅葉のコラボでご覧いただきたいと思います。

>>草津温泉・湯畑に徒歩1分!草津最古の老舗宿・日新館は草津温泉の散策には最適です

西の河原露天風呂

紅葉の草津温泉

西の河原露天風呂はとてつもなく大きな露天風呂です。西の河原露天風呂は湯温の差が大きく、脱衣所に近いところは熱くはありません。しかし、脱衣所から遠いお湯の出口付近はとても熱く、慣れていない私には我慢ができ先ず、入り口側に戻り体を沈めました。

紅葉の草津温泉

ここでは映っていませんが、男性の湯かけの場所は遊歩道から見えました。落葉したらバッチリ見えますから、お気を付けください。逆に、露天風呂からも遊歩道を歩く人も見えますから、大人の対応をしましょう。
女湯は全く見えませんから安心して入浴してください。

遊歩道を湯畑方向に歩いてゆくと鬼の茶釜の碑がありました。「わき出る湯口はわれもおそろしや鬼の茶釜の湯土産噺」以前はふつふつと温泉が湧いていたそうです。

千代の湯、煮川の湯、地蔵の湯は共同浴場

共同浴場のお湯は私には熱くて入れませんでした。見かねた地元の人が、先ずは「タオルを頭にかけて、湯を20杯浴びてみて下さい」。足だけそうっと入れてみましたが、熱くて無理でした。

共同浴場千代の湯は時間湯を体験できる

紅葉の草津温泉

千代の湯は時間湯を体験できる唯一の共同浴場です。私は頭に20杯お湯をかけてから入浴しましたが、体を沈めるには熱かったです。後から入ってきた神奈川県から来た人は
「ちょっと熱いけど、草津温泉だからね」
と、気持ち良さそうに入浴していました。少し高温ですが、ほとんどの人は入浴できそうです。

共同浴場煮川の湯は3人で満員

紅葉の草津温泉

煮川の湯は大滝の湯に向かう三差路にあります。ガイドブックには載せてありません。入り口を入ると階段で下に降りてゆきます。洗い場は3人でいっぱいです。湯温は共同浴場の中でも一番高いと思います。

共同浴場地蔵の湯は熱さが内場

紅葉の草津温泉

地蔵の湯が3共同浴場のうちでは熱くないそうです。煮川の湯に入れなかった家内も、地蔵の湯にはゆっくり入湯できました。私は地蔵の湯の前に「足湯」があります。中年の女性とカップルの女性と私の3人で足湯につかりながら、共同浴場はどこの湯が熱いか?雑談しました。3人の意見が一致して「煮川の湯が一番熱かった」でした。足湯もお湯の出口側は熱く、排出口近くはちょうどいいくらいでした。地蔵の湯と足湯は混雑していないのでおすすめです。

紅葉の草津温泉

草津の湯に体を沈めますように!と、お願いしておきました。次に来るときは、足だけではなく体を沈められるといいですね。

熱の湯で湯もみ体験

紅葉の草津温泉

湯もみ体験を始めてしました。腰を入れてやらないとうまくお湯をかき回せません。かなり力がいります。いちに!いちに!と右左に動かすだけですが、気分が出ないので小さい声で「草津よいとこ いちどはおいで~ どっこいしょ お湯の中には こりゃあ 花が咲くよ~ ちょいなちょいな~」と唄ちゃいました。

紅葉の草津温泉

草津といえば湯畑です。草津に歩みし百人に「日本武尊」「源頼朝」…、こりあすごい!

紅葉の草津温泉

湯畑を横から見た風景です。向こう側の足湯はいつも一杯で順番待ちしていました。

帰路も同じ道を帰ったが紅葉が夕日でキレイに♪

紅葉の草津温泉

帰路は町内巡回バスに乗る予定でした。天気が良くて気分が乗ったので歩いて帰ることになりました。遊歩道は写真のように大理石を滑りにくく加工してあり、つまずかずに歩けるように舗装してあります。これならお年寄りでも安心して歩けます。

紅葉の草津温泉西の河原露天風呂に近い方の足湯です。足湯には源泉が川のように流れ込み、自然な中でゆったりできるのが良いです。西の河原公園にはもう一つ大きな足湯が湯畑に近くにあります。こちらは混雑していました。中年のカップルが気持ち良さそうに足をつけていました。自然な足湯です。湯温を聞いたら「ちょどいい」と言っていました。足湯が混んでいたら、自然な足湯を試してみるのもありかも?湯気が出ている所はやけどをするかもしれません。個人の責任でお願いします。

 

紅葉の草津温泉

湯けむりがもうもうと立っていました。ロープの外で手を恐る恐る入れてみましたが、熱くはありませんでした。

 

紅葉の草津温泉

西の河原にも紅葉が始まっていました。周囲を少し散策すれば絶景の紅葉が発見できること請け合いです。

最後に、歩き疲れた方は湯畑から100円で巡回バスに乗って西の河原露天風呂入口まで来れます。草津温泉は高低差がありますから、上手に巡回バスを利用すれば一日中楽しめます。熱の湯隣にある観光協会で「町内巡回バス時刻表」と「草津時間」のパンフレットを仕入れてから出かけましょう。

草津の共同浴場に入ったら「温泉のにおいがします」から、内緒にして置けません。タオル、バスタオルはニオイが付いても良いものを持参することをお勧めします。

草津温泉の中心地は道が狭いですね。間違っても××店の駐車場に長時間とめて、街をぶらぶらなんてやらないでくださいね。車に戻ったら駐車違反のステッカーが貼ってあった!なんてことあるかもですよ?車は駐車場において、巡回バスか歩きで観光してくださいね。

草津温泉の地図

草津温泉は湯畑周辺には駐車は湯畑観光駐車場がありますが、今回はウオーキングも兼ねて西の河原駐車場を出発・到着地点にしました。町内巡回バス停名は西の河原(さいのかわら)露天風呂入口です。西の河原公園駐車場前と間違いやすいので気を付けてください。
草津温泉天狗山駐車場
〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津 国道 292 号線

タイトルとURLをコピーしました