外貨建て年金保険の受取人に孫を指定!相続税額増える!なぜ?

外貨建て年金保険 貯める

最近の低金利で外貨建て年金保険の売れ行きが好調です。

保険のセールスから、

「両親が預貯金を子供に残すより、孫に残せたら一回相続が免れ得になります。外貨建て年金保険で運用したら有利です。」

預貯金は「そのままの金額」が相続財産として計算されます。

「預貯金を生命保険に代えておくと相続税が少くなります。」

と、セールスに勧められました。本当でしょうか?何か落とし穴はありませんか?

後日、ファイナンシャルプランナーに相談する機会に
「2つの点で誤解をしている」
といわれてしまいました。

「死亡保険金受取人を相続人に変更する」
だけで、簡単に解決できると言われました。

あなたのご両親も「同じ失敗」をしていないでしょうか?

今すぐ保険証券を確かめて、必要なら元気なうちに変更しておけばよいそうです。あなたの両親に確認してみたほうが良さそうですよ。

死亡保険金は相続財産ではない

死亡保険金は相続財産ではありません。

死亡保険金は保険契約に基づいて支払れるお金です。死亡保険金は死亡保険金受取人の固有の財産です。保険契約で指定されている死亡保険金受取人が保険会社に請求することで、契約は終了します。

[surfing_su_note_ex]死亡保険金には相続上の遺留分などもありません。もちろん、分割協議なども必要がありません。[/surfing_su_note_ex]

死亡保険金については、民法上の相続財産ではありませんが、課税の公平性から「みなし相続財産」として扱われます。
みなし相続についての税金の仕組みを確かめておきましょう。

相続人以外が死亡保険金受取人では「死亡保険金の非課税」がない

死亡保険金はそもそもが残された家族の生活を支えるためのお金です。でも過大な死亡保険金も一律に計算するのは、課税の公平さから言ってなじみません。ですから、みなし相続財産には一定の条件で非課税枠があります。

みなし相続財産の非課税金額

死亡保険金受取人が法定相続人である場合には以下の算式により非課税金額が決まります。

[surfing_su_note_ex]非課税金額=500万円×法定相続人数

(注)養子については難しいので次回に回します。[/surfing_su_note_ex]

具体的に非課税金額を計算しましょう

家族構成は父、母、長男、長女の4人家族とします。死亡したのは父で保険契約は以下の通りです。

この場合の法定相続人は母、長男と長女の3人です。

関係
契約者
被保険者
死亡保険金受取人

死亡保険金受取人が1人でも複数でも、法定相続人が受け取る場合は「非課税金額に変更はありません」

つまり、母が1人で受け取っても
非課税金額=500万円×3人=1500万円

受取人が長男と長女の2人の時でも
非課税金額=500万円×3人=1500万円

受け取り人数で非課税金額が変わらないことを覚えておきましょう。

相続の放棄をした人が受け取った場合は非課税金額は0円

レアケースですが、父に負債があって亡くなってしまった場合には、母は「相続の放棄」をします。つまり、プラスの財産も受け取らない代わりに、マイナスの借金も引き受けないことが出来ます。

でも、死亡保険金は受け取れます。死亡保険金は相続財産ではなく、保険契約に基づく受取人の固有の財産だからです。ただし、相続の放棄をした人は「相続人ではありません」から、非課税の適用はありません。

[surfing_su_box_ex title=”相続の放棄をした人” box_color=”#fdcbea”]相続の放棄をした人が死亡保険金受取人の場合は非課税の適用はありません[/surfing_su_box_ex]

相続の放棄をした人がいても、相続人が死亡保険金受取人である場合には、相続を放棄した人も放棄が無かったものとして相続人数に加えます。

ややこしいですから、知識として持っていて、実務はFPや税理士に任せましょう。

みなし財産でも相続税が2割増し

上記で法定相続人が受け取る場合は非課税金額があることは理解しました。

孫を死亡保険金受取人にすると、相続がい1回逃れられるので得だという人がいます。本当でしょうか。

家族構成は祖父、祖母、父、母、長男(祖父から見たら孫)の5人家族です。
保険の契約は以下になります。

 

関係
契約者 祖父
被保険者 祖父
死亡保険金受取人 長男(孫)

相続に

上記の例では、孫は法定相続人ではありません。したがって「非課税の適用を受けられません」。

孫が死亡保険金受取った場合には遺贈に該当します。「非課税の適用が受けられない」ばかりか「相続税に2割加算されて課税」されますので、よほどの資産家でないと節税効果は期待できません

[surfing_su_box_ex title=”代襲相続の孫” box_color=”#fdcbea”]孫であっても親の死亡により、代襲相続する場合は相続人とみなされます。
「遺贈に該当すると相続税が2割増し」と対で覚えましょう。ここも誤解するところです。[/surfing_su_box_ex]

まとめ

最近は祖父母が預貯金から保険に預け替えて運用することが多く見かけられます。死亡保険金受取人を誰に指定しても、受取人に確認の必要がありません。祖父母は死亡保険金受取人を孫にすると節税になると間違った説明を受けているみたいです。または、説明を誤解しているのかも知れません。

節税の予定が2割増しの相続税を払うことにもなりかねません。祖父母の元気なうちに保険証券を確認して、正しい受取人に変えておくのはとても大切なことです。

受取人の変更は契約者だけでできます。
手続きに必要なものは

  • 保険証券
  • 契約の印鑑

2点です。

簡単な手続きですから早くして、安心しましょう。

ご質問のある方

このブログに関してのご質問などがある方は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。

    よろしくお願いします。

    タイトルとURLをコピーしました