お気に入りのブーツが臭い!原因はなに?対策はあるの?

ブーツ臭の原因、対策 季節の話題

お母さん、足 くさーい!
子どもに言われたことありませんか?

寒くなるとブーツを履く機会がグーンと増えます。お出掛け用のロングブーツは履いた後は「買った時に入っていた丸めた紙をブーツに入れ」立てて収納しています。

でも、お買い物や近所へちょっと出かけるブーツは履いても、脱いだら脱ぎっぱなし、そのまま玄関にあります。履き替えのブーツもあるにはあるのですが、つい履きなれたお気に入りのブーツをつい続けて履いてしまいます。

チョコッとだけ履く『お気に入りのブーツに臭う原因』があるようです。

  • あなたの足「くさ~い」なんて言われたことないですか?
  • あなたの「お気に入りのブーツは臭くない」ですか?
  • ブーツを脱いだ時に、「足がプーンと臭うこと」気になりませんか?

そんなあなたに代わって「ブーツが臭う原因」と「臭いブーツの対策方法」を調べてみました。

この記事を見ることによって、今まで「プーンと臭っていた足のニオイ」が一瞬で解決できるでしょう。

持田ヘルスケアの”コラージュフルフル泡石鹸”が人気上昇中です。
[surfing_su_list_detail icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#f176e5″]肌に優しい(デリケートゾーンにも使えます)
毎日、お風呂で使えます
皮膚の清浄・殺菌・消毒、体臭・汗臭を防ぐ[/surfing_su_list_detail]
>>コラージュフルフル泡石鹸のホームページはコチラです>>

ブーツが臭う原因は汗、ムレと雑菌!

冬にブーツを履くと、どうして足が臭うの?

冬は寒いから汗をかかないと思いがちですが、ブーツを履いて歩くとブーツの中がポカポカからグッショリになったことありますよね。実は足がブーツの中で汗をかくと雑菌が繁殖します。ええっ!雑菌なんて、私、いないよ!

人の皮膚には1cm2当たり10,000個から100,000個の菌数がいます。多いところには1,000,000個もの菌数がいいます。でも、安心してください!雑菌は洗い流したり消毒すれば無くなります。ただし、汗腺や毛包管などに残っていた菌がもう一度増殖して元に戻ります。スッカリ皮膚に雑菌がいなくなることはないのです。

 

「汗のムレ」が雑菌を増殖します

ブーツを履くと暖かく感じますよね。少し歩くと、さらにポカポカしてくるのが分かります。そうなんですね!ブーツの中は少し汗ばんでいます。

足が蒸れると、足の皮膚にいる雑菌が増殖するのにちょうどいい環境になります。お気に入りのブーツは毎日、毎日、繰り返して履きますからブーツの中も湿りがちです。ブーツの中がポカポカからグッショリになると雑菌で一杯になり、ついには「足が臭い」ことになります。

ブーツ臭の元は「雑菌(カビ)」です

ブーツ臭の元は「ブーツが蒸れることで雑菌が増殖」することです。

[surfing_su_quote_ex cite=”ウィキペディア” url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/吉草酸”]引用
吉草酸(きっそうさん、valeric acid)は示性式 CH3(CH2)3COOH、分子量 102.13 のカルボン酸。IUPAC系統名ではペンタン酸 (pentanoic acid) となる。CAS登録番号は109-52-4。足の裏の臭いはこの異性体であるイソ吉草酸が原因である。閾値が非常に低いことから、悪臭防止法の規制対象となっている。消防法による第4類危険物 第3石油類に該当する[1]。

[/surfing_su_quote_ex]

ブーツ臭の原因はイソ吉草酸です。


寒いからブーツを履く


5分ほど歩くと足がポカポカ!

さらに、10分歩くとブーツの中がグッショリ!

雑菌が増える



この繰り返しでブーツを脱いだら『足が臭う!』

 

原因が判明しましたね。毎日、毎日、繰り返してお気に入りのブーツばかりを履いていたら、ブーツの中が乾燥する間もありませんよね。帰宅したらいつも下駄箱に収納している人も残念!ソレダメです。

では、ブーツ臭をなくすにはどうしたらよいのでしょうか?履いた後のブーツはどのようにするのがいいのでしょうか?

 

ブーツ臭の対策

ニオイの染みついたブーツをどうにかしてニオイはないようにできないか?お気に入りのブーツだから何とかしたい!消臭スプレーで臭いが消せるけど、根本的に臭いが消せたらもっといいのにね。どうなのでしょうか?

ブーツの消臭方法

ブーツの臭いを消せる方法をいろいろ試してみました。最初に「消臭スプレー」、次は「重曹」「木炭」「お茶がら」「コーヒーの抽出カス」「塩素系漂白剤」「市販の湿気取り」などです。

 

消臭スプレーでブーツ臭は消せる?

ママ友のお宅に急にお邪魔する時などは、
消臭スプレーはサッとスプレイすれば臭いが消せます。

日常的にブーツを脱ぐ場面が多い人は持ち歩くのもありですね。

ただし、毎日使うとなるとコスパがイマイチかもしれません。

昔からの消臭方法では?

昔からの消臭方法は「お茶がら」をはじめとして、健康に問題がなさそうですね。毎日使うものだけに肌に刺激があるとコマチャイマスよね。実際には使ってみました。

 

重曹

重曹は百円ショップでも売っているから手軽に手に入ります。炭酸水素ナトリウムですから、タケノコ、ワラビなどの食品をアク抜きする時にも使います。食品添加物ですから安全ですね。

ブーツ臭の原因

重曹の袋にはこんな記載もありました。
さらにこんな利用方法も 包丁、まな板、下駄箱の消臭

ブーツ臭の原因

 

 

木炭

炭の種類もいろいろあります。高級品は紀州の備長炭、または竹炭などがあります。私たちが日ごろ目にするのは、ホームセンターで販売しているキャンプ用・バーベキュー用の炭です。

ブーツが臭い原因
安価で入手できるのは良いことですが、ブーツに入れて脱臭、乾燥をさせるには炭の品質が悪いのです。良い炭は、炭どうしでたたくと「カーン、カーン」と澄んだ音がします。安い炭は濁った音です。炭自体がもろくかけ易くて、炭の粉がいっぱいついています

安い炭をブーツに入れて「乾燥と消臭」をさせるには、ふた手間は掛けなければなりません。最初は水で炭の中までよく洗うことです。次に日光に当てて良く乾かすことです。キレイに乾燥した炭でもそのままブーツに入れられません。通気性の良い袋などに炭を詰めてからブーツに入れて消臭します。

忙しく働くあなたには、この手間と時間をかけてまで炭が良いとすすめられません。

 

お茶がら

昭和の時代までは、お茶がらを固くギュッと絞って畳の部屋や床に撒き、ほーきで履いて掃除をしていました。お茶がらでごみをからめとる方法です。お茶の持つ「消臭効果が期待」できます。さらに、お茶がらは適当な湿り気があり「埃を立てない」で掃除ができるのがメリットです。

ブーツ臭の原因

飲み終わった茶葉の再利用ですから、コスパ最高です!

ブーツ臭の原因

飲み終わった茶がらは「乾燥させる」のに少し手間がかかり面倒です。

ブーツを消臭するのと、同時に湿気を取り除いて乾燥させなければいけません。お茶がらは乾燥させるまでの手間、時間が必要です。忙しく働く女性には??ですね。

 

コーヒーの抽出カス

コーヒーの抽出カスは部屋の香りつけに、ときどき雑誌でも紹介されています。コーヒーの抽出カスで消臭して、さらにコーヒーのニオイ付けができればいいですね!

ブーツ臭の原因

コーヒーの抽出カスを再利用するわけですから、コスパは最高です!

ブーツ臭の原因

コーヒーの抽出カスも乾燥させるまでの時間がかかります。忙しく働くあなたには「コスパ最高!」でも、おすすめはできませんね。

 

塩素系漂白剤

塩素系漂白剤には「バイキン・においを除く」効果があります。オレンジ色のマーク下に印刷されています。

ブーツが臭い原因

使い方は塩素系漂白剤をぬるま湯で薄めます。薄めた塩素系漂白剤をタオルに含ませて、優しくブーツの中を拭きます。塩素系漂白剤を使う時の注意点は『ブーツの表側にかかると色が抜けます』からていねいに取り扱ってください。

最後の仕上げは、ブーツを乾燥させることです。皮革は日光に当てて良く乾かしたり、ドライヤーで急激に乾燥させると皮が痛みます。風通しの良い日陰干しして、ブーツをユックリ乾燥させてください。そうすれば、お気に入りのブーツが長く履けますよ。

毎日使うお気に入りのブーツだから、日陰干しでユックリ乾燥させるまでの手間がかけられないかもしれませんね。

市販の湿気取り

ブーツの臭い原因

簡単にできるブーツの湿気取り、ブーツくずれの型くずれを防止。しかも6ヶ月も使えて、コスパがいい!

いろいろ探して見つけたのが「激乾 ブーツの除湿・脱臭&除菌」がコスパが良いのです。なんといっても、湿ったら天日干し、湿ったら天日干しを繰り返して6ヶ月も使い続けられます。今はこれが一番気に入って使っています。

 

 

ブーツの管理方法

ブーツが臭い原因はイソ吉草酸です。消臭がうまくできても、ブーツが汗をかいてムレていては雑菌が増殖して、また元のくさいブーツに戻ります。結局は「ブーツが臭わない」で毎日使い続けるにはそれなりの管理が必要です。ブーツを履いた後のほんのひと手間が、「ブーツ臭がしない」で気持ち良く履けます。

ブーツを履いたあとのチョコッとした手入れ方法とは?どうして乾燥させるかです。

履いたブーツはしっかり乾燥させる

キレイ好きなあなたには「玄関に靴が脱ぎっぱなし」なんて許されませんよね。脱いだブーツは、すぐに下駄箱やクローゼットにしまっていませんか?

それ、ダメですよ!

ブーツはその構造上なかの空気が入れ替わる、つまり、ジメジメした靴の中の空気が外の乾いた空気と入れ替わるのは難しいのです。まして閉鎖的な下駄箱やクローゼットにしまったら、ブーツの中の空気が入れ替わりません。

じょうずに湿り気のあるブーツを乾かすためには、家の中でも風通しの良い場所で保管することです。

履いたブーツは日陰干し乾燥する

湿り気のあるブーツを、お布団のように「直射日光に当てる」のは厳禁ですよ!皮革は乾燥が過ぎたり、日焼けしたらひび割れや変色の原因になります。

皮革はもともと牛の皮膚ですよね。牛の皮膚も私たちと同じように、汚れを落としクリームで保湿することがお手入れの基本です。

じゃあ、どこに保管する?

履いた後の湿ったブーツは短時間でも良いからベランダなどの風通しが良い所に置いて、乾燥させてから下駄箱やクローゼットに収納しましょう。このひと手間がブーツが臭わないで、明日気持ち良く履けるコツですよ。

新聞紙を丸めてブーツに入れて乾かす

子どもの頃、新聞紙で押し花をしたことありませんか?

新聞紙は適度に湿気を取って草花を乾燥できます。短時間で強力に乾燥させることはできません。ユックリ乾燥させる。その特徴が履いた後の湿ったブーツが乾燥するにはちょうど良いのです。

新聞紙を丸めてブーツに入れて置けばほどよい乾燥になります。ロングブーツには型崩れも防げますからお勧めの方法です。

履いたブーツはドライヤーで乾かす

今日は汗をかいてブーツの中がグショグショ!

そんな時は短時間でブーツのつま先まで乾燥させられるドライヤーを使うのもありです。片方が2分~3分、時間をおいて様子を見てもう一度2分~3分、ドライヤーで乾かすのがコツです。皮革は元は牛さんの皮膚です。ドライヤーの風が熱いと感じたら皮膚には良くないですよね。ドライヤーはクールくらいでちょうどよいですよ。

ブーツはローテーションして休ませる

ブーツ臭の原因は湿気と雑菌です。

毎日、毎日、お気に入りのブーツを履き続けたら、最初は湿っていなかったブーツがだんだん湿り気が貯まりますよ。湿り気が貯まると雑菌が増殖しやすい環境になります。雑菌がたくさん増殖したら「ブーツを脱いだときに、足がプーンと臭う」ことになります。

今日履いたブーツは1日か2日休ませましょう。その間にブーツを十分乾燥させれば「臭いブーツ」にはなりません。臭いブーツの原因は湿気と雑菌です。どちらも取り除かなければ、いつまでたっても「プーンと臭う足」は卒業できませんよ。

 

足のお手入れ方法

毎日同じブーツを履き続けていては、ひんぱんにブーツを消臭しなければなりません。せめて一日おき、ないし二日おきにローテーションさせることが大事です。毎日履き続けるよりもローテーションして履く方がブーツも長持ちします。結局は消臭剤などの出費も減らせて節約になります。

[surfing_su_box_ex title=”下駄箱の消臭方法” box_color=”#f21e1e”]下駄箱のニオイは「お客さまの第一印象になります」から、とても気になりますよね。天気の良い日に風通しを良くして、まずは下駄箱をしっかりと掃除しましょう。「重曹」「お茶がら」「コーヒーの焙煎カス」などを利用して消臭しましょう。掃除の後は除湿剤や脱臭剤などで、つねに下駄箱を乾燥状態にしておくことが大事ですね。[/surfing_su_box_ex]

 

汗っかきの人は制汗剤

汗をかきやすい体質の人は「制汗剤」を試してみましょう。足の裏には汗腺がたくさんあります。足裏だけで全身を支える大切な役目をしています。頑張って歩くと足の裏に汗をかきますね。

制汗剤でわきの汗がうまく防止できれば、同じように足の汗も防止できます。シュッとひと吹きで予防できれば簡単ですよね。

ブーツを履いて足が汗をかく?かかない?は体質やブーツの材質にもよります。ときどきブーツを脱いで足を乾燥させるのが一番良い方法ですが、外出先やオフィスでは無理ですよね?

制汗剤をシュッとひと吹きするだけで、汗が止まれば良い選択ですよ。

外出先は除菌シートを使う

ブーツを脱いだら足が臭い。原因は湿気と雑菌です。

雑菌が増殖しない中に除菌すればOK!ですよね。でも、外出先やオフィスで「足を洗うこと」はできません。何かほかの方法で足をキレイにする?

外出先で足が臭いときは、除菌シートで足を拭いてあげましょう。ストッキングを履いた上から除菌シートで拭います。雑菌が少なくなり、かつブーツを脱ぐことで足が乾燥します。

丈の短いブーツなら、インソールを取り出しておけば、短時間でも湿気が少なくなりますよ。

湿っぽい時はインソールを取り出す

毎日同じブーツを履き続けたい人は「インソールを毎日取替え」てみましょう。

  • 履いたブーツのインソールは取り出して干します
  • 少し時間を空けて替えのインソールをブーツに入れます

明朝ブーツを履くときは乾燥していて気持ちが良く、ブーツを脱いだ時もプーンと臭うこともありません。忙しいあなたにも、このひと手間は掛けて欲しいですね。

角質の対策をする

角質ケアがなぜ必要か?そもそも角質とはなに?

角質とは足のかかと部分がガサガサになりひび割れる皮膚の残骸のことを言います。皮膚は毎日新しい細胞が造られ、内側から外側に向かって新陳代謝を繰り返しています。表皮は四層構造からなり、内側から「基底層」「有棘層」「
顆粒層」「角質層」です。角質部分は0.1mmと薄い層です。角質は一番外側の細胞が死んで固くなった層です。

健康な皮膚は自然にターンオーバーして体の内側から新しい細胞が表面にきます。古くなった皮膚は自然に剥がれ落ちます。長期間垢をためたり、刺激が加わり足の裏が堅くなります。角質が少しの間に手入れをすれば簡単に洗い流せます。ガサガサひび割れた状態になると「軽石」「かかとけずり」などを使わないと落とせません。

固くなった角質は、入浴時か入浴後の角質を柔らかくしてから削り落とします。削り過ぎは皮膚を傷め、感染しやすくなるので注意しましょう。削り終わった後は必ず保湿しておきましょう。

角質は垢です。垢が積み重なれば雑菌が住み着き、においの原因にもなります。身体の垢は入浴して、毎日洗い流します。同じように角質も毎日キレイに手入れをして欲しいのです。

入浴した時についでに洗い落とせる石鹸が人気急上昇中です。

ご主人の足臭!も同じ石鹸で解消できますね♪

持田製薬グループの持田ヘルスケアーが販売しているから安心ですね。

[surfing_su_list_detail icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#f176e5″]肌に優しい(デリケートゾーンにも使えます)
毎日、お風呂で使えます
皮膚の清浄・殺菌・消毒、体臭・汗臭を防ぐ[/surfing_su_list_detail]
>>コラージュフルフル泡石鹸のホームページはコチラです>>

まとめ

足にクリームを塗ってニオイ対策をしているんですが、朝急いでる時は面倒くさい!

毎日通勤でブーツを履いてる人は、オフィスについたらブーツを脱いで靴を履き替えましょう。加えてソックスも履き替えるくらいの気持ちが大切です。あなたの足が周りの人たちに「プーンと臭ってから」では遅いですよ!

「ブーツはローテーションして休ませる」ことが原則ですね。何足かブーツを持っていても「つい、お気に入りのブーツ」を履くのはどうしてなんでしょう?履き心地が良いからなんでしょうか?

お気に入りのブーツを履き続けても「足が臭わない」ためには、

  • ニオイが付いてしまったブーツの消臭
  • ブーツの保管・管理方法
  • 足の簡単なお手入れ方法

の3つができていれば安心ですね。

あなたに「簡単にできる足のお手入れ方法」読むことをおすすめします。

えっ!これだけ!

そうです。簡単にできる足のお手入れ方法は「石けん」を使うことです。

タイトルとURLをコピーしました