キャシュレス5%還元ではPayPayと楽天ペイメント どっちが得⁇

キャシュレス5%還元 増やす

消費税が8%から10%に増税された2019年10月1日から、「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まりました。国の制度では1カ月あたりのポイント付与合計上限は2万5,000円相当(決済金額50万円)です。

PayPayと楽天ペイメントでは還元ポイント5%(2%)に自腹で5%ポイントを上乗せするサービスが始まりました。

本当はどっちが得なのか?詳しくは検証します。

以下の記事を読めばどっちが得かよーく理解できますよ。

キャシュレス5%還元とは

2019年10月から消費税が8%から10%にアップされました。消費税10%にアップにともなう消費減少を抑え、かつキャシュレス化が遅れている日本の現状を改善したいと政府が推し進める「キャッシュレス・消費者還元事業」です。

キャシュレス5%還元される期間

キャシュレス5%還元事業は2019年10月1日に開始し、2020年6月30日までの9か月間です。

キャシュレス5%還元される店とは

5%還元される店・事業者とは

  • 資本金5,000万円以下
  • 従業員50人以下

の中小・小規模事業者です。

フランチャイズチェーンは2%還元

フランチャイズチェーン店は実際の運用は

  • 資本金5,000万円以下
  • 従業員50人以下

の中小・小規模事業者が大半です。

しかし、チェーン店は大規模なので5%還元ではなく、全店舗で2%還元になります。

フランチャイズチェーン店は

  • コンビニエンスストア
  • 外食
  • ガソリンスタンド

などがあります。

PayPayと楽天ペイメント 独自ポイントは

PayPayと楽天ペイメントはキャシュレス還元事業とは別に独自のポイント制を自腹で準備しています。PayPayと楽天ペイメントでは自腹で提供されるポイントの詳細と違いを比べてみます。

PayPayの独自ポイント

5%還元事業の店舗ではPayPayは自腹で5%を上乗せして10%のポイントが付与されます。5%上乗せポイントが付与されるのは2019年10月1日から11月30日まで、2か月間です。

正確に言うと「5%還元は月当たり25,000円まで、実際の購入金額は50万円まで」です。

PayPay自腹上乗せポイントは1回につき1000円(決済金額は20,000円)までです。決済金額が20,000円を超えた分については自腹ポイントがなく、還元事業の5%だけとなります。

決済金額が20,000円までが10%のポイントを貰える限度額です。

PayPay自腹ポイントが付与される限度額と5%還元事業の限度額が異なること意識して使いましょう。つまり決済金額が20,000円を超えたら異なる会社の決済方法で上乗せポイントを貰いましょう。

楽天ペイメントの独自ポイント

楽天ペイメントでは5%還元事業の店舗ではポイント5%で自腹上乗せポイントはありません。

2%還元のチェーン店では国からの2%還元に楽天ペイメントが自腹で5%の上乗せをして、合計7%のポイントが貰えます。7%が貰えるのは国の還元事業により決済金額は50万円までです。

楽天ペイメントでは還元事業に該当しない大型店舗でも楽天ペイメントを扱う店舗では5%の自腹ポイントが受け取れます。これは知られていないのではないかと思います。

キャシュレス5%還元ではPayPayと楽天ペイメント どっちが得⁇・まとめ

PayPayの10%還元は大きいですよね。これは使わない手はありません。

楽天ペイメントはコンビニで買い物をする時は7%の還元を受けられます。決済金額が50万円までです。楽天ペイメントは還元事業に該当しない大型店舗でも楽天ペイメントで支払えば5%のポイントが貰えます。

PayPay、楽天ペイメントとも第1段キャンペーンが始まりました。第2段はどんなキャンペーンになるか楽しみですね。

[surfing_su_box_ex title=”限度額がカード決済で増やせる” box_color=”#f77c1f” title_color=”#f3f3f2″]PayPay、楽天ペイメントともに決済手段がカードになるとポイントが受けられる上限額が異なるようです。

別の機会に説明したいと思います。[/surfing_su_box_ex]

 

タイトルとURLをコピーしました